HOMEインタビュー【皆川 香理さん】人も牛も心地の良い暮らしを目指した牧場を|とこっとインタビュー

【皆川 香理さん】人も牛も心地の良い暮らしを目指した牧場を|とこっとインタビュー

81 views

こんにちは。トコふな編集部です。

とこっとちゃんが良く!船橋で活躍している人にインタビューしちゃおう企画、その名も「とこっとインタビュー」!!

皆川牧場の牛
牛さんと一緒に撮ったトコ
とこっとちゃん

とこっとちゃん

牛さん!こんにちは、トコ!

今回は船橋にある「皆川牧場」の代表、皆川 香理さんへお話をお伺いしました!
皆川牧場の歴史や千葉県初の「農場HACCP」取得、牧場のお仕事の魅力などもお話していただきましたよ~

こんなインタビューをしました
  • 皆川牧場の歴史
  • 農場HACCPとは
  • 牧場のお仕事の魅力
  • これからの目標

皆川牧場について

皆川牧場の歴史
とこっとちゃん

とこっとちゃん

まずはとこっとちゃんが皆川牧場の歴史をご紹介するトコよ~!

ー歴史ー

昭和27年
鎌ヶ谷の住宅地にて30頭から牧場をスタート
平成元年
牧場の3代目、香理さんがデンマークに研修へ
平成5年
帰国後、デンマークで培ったノウハウを活かし新たな牧場を作ることに。
現在の千葉県船橋市鈴見町に牧場を移転。
平成28年
千葉県初となる「農場HACCP認証」を受ける。

歴史の中でも気になるポイントがいくつも!
とこっとちゃんと一緒にお話を伺ってきましたよ。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

農場HACCP(ハサップ)ってなにトコ??

農場HACCPとは?

農場HACCPとは、畜産農場にHACCPの考え方を採り入れ、家畜の所有者自らが有害物質の残留等の危害や生産物の温度管理等の重要管理点を設定し、継続的に記録・管理を行うことにより、生産農場段階での危害要因をコントロールする飼養衛生管理のこと。

皆川牧場は2013年に農場HACCP推進農場の指定を受け、書類の作成や管理の見直しなどを経て2016年8月に認証農場の承認を受けました。酪農における農場HACCP認証農場は全国的にもまだ少なく、皆川牧場は千葉県内では初の「農場HACCP」の認証を受けた牧場です!

皆川さんへインタビュー

皆川牧場について
皆川さんと一緒に撮ってもらいました
とこっとちゃん

とこっとちゃん

皆川さん、よろしくお願いしますトコ!

とこっとちゃん、こんにちは。
皆川牧場へようこそ。

皆川さん

皆川さん

牧場のお仕事を教えて!

とこっとちゃん

とこっとちゃん

牧場ではどんなお仕事をしているトコ?

皆川牧場では、多くの土地をもたず、購入飼料で乳牛を飼育しています。乳牛が自由に歩き回れ、ゆったりと寝そべることができ、食べたいときに食べ、飲みたいときに飲水できる環境を整えています。
人との関りも良好です。

当牧場ではHygge(デンマーク語)をテーマに人も牛も心地の良い暮らしを目指しています。

皆川さん

皆川さん

とこっとちゃん

とこっとちゃん

人も牛も心地いい暮らし、とっても素敵トコ~!
牛さんもゆったりと牧場で過ごしているトコね。
皆川さんが牧場を船橋ではじめたきっかけを教えて欲しいトコ。

船橋で牧場を始めたきっかけは「つなぎ飼い」から「放し飼い」へ飼育方法を変えたことと、搾乳作業をもっと楽にしたいという思いからでした。鎌ヶ谷から船橋へ移転したので、船橋に新たに牛舎を建て、牛の飼育頭数も増やしました。

皆川さん

皆川さん

皆川牧場の放し飼いの牛
放し飼いの牛舎の様子
つなぎ飼いと放し飼い

乳牛の飼育方法は「つなぎ飼い」と「放し飼い」の2つがあります。
つなぎ飼いは、チェーンやスタンチョンで乳牛を繋いで牛舎に収容して飼育する方法。日本の酪農場の約90%がつなぎ飼い方式で飼育を行っています。牛の管理は行いやすいという利点がありますが、繋がれた乳牛への餌やりや搾乳は人間が動いて行う為各作業の労力がかかるというのも特徴です。

放し飼いは、乳牛を広い牛舎内を群れで管理する形の飼育方法。ご飯を食べるスペース、休息スペースを牛舎内の牛たちに使ってもらう形で、つなぎ飼いよりも多くの乳牛を管理できるため、多くな牧場の多い北海道などで用いられています。

デンマークで経験したことを牧場に活かす

皆川牧場
牧場の中も案内していただきました
とこっとちゃん

とこっとちゃん

デンマークで経験したこと、とこっとちゃんに教えて欲しいトコ!

酪農家に休日はないのが当たり前と思っていましたが、デンマークの酪農家は夏休みも取るし、よく人を招いてパーティーを開いていました。手作りの料理でおもてなしをすることが喜びで、準備をする時間が大変充実していると感じました。

皆川さん

皆川さん

デンマークで経験した「おもてなしをする喜び」をもとに、皆川牧場さんはたくさんのイベントを行い牧場を身近に感じる機会を積極的に設けてくれています。

イベント参加の様子は別の記事でご紹介します★

お仕事で大変だったこと

とこっとちゃん

とこっとちゃん

お仕事で大変なこと、教えて欲しいトコ!

牧場は従業員や技能実習生が常に数人いる環境で、定期的に入れ替わりがあるのですが、農場HACCP認証を取得するまでは、意思疎通が上手くいかない時もありました。

農場HACCPの取得をきっかけにミーティングルームを儲けて、日頃からミーティングをするようになり明るい職場になってきました。

皆川さん

皆川さん

とこっとちゃん

とこっとちゃん

農場HACCPをきっかけにお仕事のやり方も変わったトコね~

皆川牧場のこれからを聞いてみた

とこっとちゃん

とこっとちゃん

皆川さん!
皆川牧場や皆川さんのこれからの目標を教えて欲しいトコ。

牧場の目標は乳製品の製造を新たに始めること。
特にブラウンスイス乳を使用した船橋産のフレッシュチーズを多くの人に食べてもらいたいと思っています!

個人的には息子が後継者として就農する予定なので、更に新しい取り組みができればと思っています。

皆川さん

皆川さん

とこっとちゃん

とこっとちゃん

船橋の皆川牧場生まれのチーズ!
みんなに食べてもらいたいトコね~♪

まとめ

今回は千葉県船橋市鈴身町にある「皆川牧場」の代表、皆川 香理さんにインタビューを行いました。
牧場でのお仕事や、船橋で牧場を始めたきっかけ、皆川さんがデンマークで経験したこと、今後の目標など盛りだくさんでお伺いしました!

皆川牧場さんで行われるイベントや日々の様子はInstagramでチェックしてくださいね。

関連リンク
皆川牧場Instagram

トコふな編集部

トコふな編集部

トコふな編集部は、船橋の魅力を日々発信しています。皆さんのタレコミも随時募集しているので、あなたの「キニナル」をぜひ教えてください!各SNSのフォローもお待ちしてます♪

FOLLOW