HOME観光するトコ【怪獣公園】大きな恐竜のオブジェがランドマーク!地元民に愛される人気の公園をご紹介

【怪獣公園】大きな恐竜のオブジェがランドマーク!地元民に愛される人気の公園をご紹介

167 views
【怪獣公園】大きな恐竜のオブジェがランドマーク!地元民に愛される人気の公園をご紹介

今回は船橋市高根台にある高根木戸第三公園…通称「怪獣公園」をご紹介いたします!

とこっとちゃん

とこっとちゃん

え!?公園に怪獣が!?ちょっぴり怖いけど気になるトコ…

一体そこにはどんな怪獣が待ち構えているのか…その謎を解明すべく、トコふな編集部が命がけで取材してきました…!
それでは、さっそくご紹介していきましょう!

高根木戸第三公園(怪獣公園)の基本情報

住所千葉県船橋市高根台3丁目1-7-12
アクセス新京成線「高根公団」駅より徒歩10分
遊具すべり台・ジャングルジム・うんてい・鉄棒
トイレあり
駐車場なし
備考地元民に愛された活気溢れる公園です!
人けが気になる方は午前中の来訪をオススメします。

新京成線の高根公団駅から10分程歩くと見えてくる高根木戸第三号公園は、閑静な住宅街の中にありました。

駐車場はありませんが、公園までの道のりは遊歩道のように綺麗に整備されているので、ぜひお子様とのお散歩を楽しみながら足を運んでみて下さい。
トイレは園内に完備されているので心配ご無用!暑い夏日が続きます。水分補給はしっかりと!

【遊具紹介】怪獣公園を散策してみよう

それではさっそく園内を散策してみます!果たしてどんな怪獣が待ち構えているのか…ワクワクです。

高根木戸第三号公園の入り口前看板の写真

タコさんすべり台

入口を抜けてまず目に飛び込んできたのは怪獣…じゃなくて巨大なタコ!
大きなすべり台になっていて、こちらも怪獣公園の名物遊具として、たくさんの子供たちから親しまれています。

タコの形をした大きなすべり台の写真
とこっとちゃん

とこっとちゃん

タコもこれだけ大きかったら立派な怪獣トコね…

タコの形をした大きなすべり台の後景写真

タコさんすべり台の後ろ姿。
見れば見るほどユニークな形をしていますよね。こんな遊具を見つけた子供のテンションは…爆上がり間違いなしです!

恐竜のオブジェ

さあ、いよいよお待ちかね、怪獣公園の由来になっている怪獣をご紹介いたしましょう。
それが、こちら!

三体の恐竜オブジェの写真

なんと、「怪獣」の正体は恐竜のオブジェだったのでした!
背が高いもので2メートル30センチ程。見上げるほどに大きな3頭の恐竜が、園内を見守るようにそびえ立っています。
オブジェの周囲はロープで囲われていて、子供たちが登ったりすることが出来ないようになっていました。


ちなみに、この公園を「怪獣公園」と呼ぶのは一昔前の世代の方々で、最近では「恐竜公園」とも呼ばれているそうですよ。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

長い間、たくさんの人たちから愛されてきた公園なんだトコね

恐竜オブジェのアップ写真

でも、どの恐竜も見たことあるようでないような…?

この恐竜たちは一体なんという恐竜なのでしょうか…気になりますよね。
その内容はこの記事の後半でご紹介いたします。お楽しみに!

モダンなジャングルジム

こちらはちょっぴりオシャレなジャングルジム。色んな遊び方ができそうですね。

ジャングルジムの写真

この他にも、すべり台、ブランコ、鉄棒、うんていや砂場など、ベーシックな遊具もしっかり設置されていましたので、公園として遊び飽きることは無いのではないでしょうか。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

遊具は譲り合って、順番にみんなで楽しく遊ぶトコ!

ボール遊びのできる運動場

続いてはボール遊びができる広場をご紹介。

ボール遊びができる広場の写真

広場の奥には野球ベースも設置されていました。

最近ではボール遊びができる公園はほとんど無くなってしまったので、子供たちがのびのびとボールを追いかけられるスペースがあるのは嬉しいですよね。

ボール遊びができる広場の注意書き看板の写真
とこっとちゃん

とこっとちゃん

ルールを守って、思いっきり体を動かすトコ~!

憩いのベンチ

園内をぐるりと囲むようにベンチが設置されていました。

ベンチの写真
ベンチからみた風景の画像

これなら、親御さんもお子様を見失う事無く、ママ友トークに華を咲かせられそうです。

この恐竜、なんて名前?

さて、怪獣公園のランドマークである3頭の恐竜たちですが、それぞれどんな恐竜がモチーフになっているのでしょう?
気になったので調べてみました!

トリケラトプス

トリケラトプスのオブジェの写真

まずは向かって右側、4つの足でどっしり佇むこの恐竜は「トリケラトプス」!
「三本の角を持つ顔」という意味の名前の通り、三つの大きな角が特徴です。
全長は9メートル、体重はなんと12トン!
映画やアニメにも登場することの多い、ティラノサウルスに続いて人気の草食恐竜です。

トラコドン

トラコドンのオブジェの写真

お次は真ん中、くちばしのような口元がキュートなこの恐竜の名前は「トラコドン」!
「カモノハシ恐竜」とも呼ばれるこの恐竜の体長は9-12メートルほど。
鋭い爪があるけれど、こう見えて草食恐竜なんです。

アパトサウルス

アパトサウルスのオブジェの写真

最後に紹介するのは、長い首が特徴の草食恐竜「アパトサウルス」
全長は21-26メートル、体重はトリケラトプスも驚きの24トン以上!
あまりに体重が重いため、陸上を歩くことができず、ほとんど水中で暮らしていたんだそうですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

怪獣目当てで足を運んでみたら、巨大なタコと出会ったり、大きな運動場があったりと…
想像以上に遊び幅のある公園でした。
緑も多く、園内も綺麗に整備されていますので、お子様連れでなくとも、お散歩がてらに立ち寄って、のんびり過ごしてみるのも悪くないかもしれません。

というわけで今回は、大きな恐竜オブジェがある公園、高根木戸第三号公園をご紹介いたしました。
ぜひ一度、足を運んでみください!

トコふな編集部

トコふな編集部

トコふな編集部は、船橋の魅力を日々発信しています。皆さんのタレコミも随時募集しているので、あなたの「キニナル」をぜひ教えてください!各SNSのフォローもお待ちしてます♪

FOLLOW