HOME暮らすトコ船橋子育て応援誌「こそ・あど」とコラボ第四弾!

船橋子育て応援誌「こそ・あど」とコラボ第四弾!

88 views
こそ・あど秋号

こんにちは。トコふな編集部です!

ふなばしの子育て応援誌「こそ・あど」とふなばしのローカルメディア「トコトコふなばし」が再びタイアップし、現在絶賛配布中です☆

とこっとちゃん

とこっとちゃん

今回のタイアップもぜひみてほしいトコ~

それでは今回もどんな内容なのか、見どころをご紹介していきます。

ふなばし子育て応援誌「こそ・あど」って?

「こそ・あど」とは子育てを楽しめるように応援することを企画の趣旨・目的として発行しているフリーペーパーです。

トコふなでは過去に「こそ・あど」を企画・発行されているD-adの代表、丸林剛さんにインタビューさせて頂きました。こそ・あどはどんな誌面なのか、どんな想いでつくられているのかなどをお答え頂きました。

「こそ・あど」は季刊発行!9月にVOL.8となる秋号が発刊されました。もう街中でみかけた人もいるのでは…??

こそ・あど×トコふな!どんなタイアップをした?

こそ・あど秋号
こそ・あど秋号

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋。秋といえば様々な「〇〇な秋」がありますよね。

今回トコふな編集部では「スポーツの秋」と題して

子供のテンションが爆上がりする船橋の公園

を特集いたしました!

船橋の公園といえばアンデルセン公園を思い浮かべる人も多いと思います。実は!アンデルセン公園以外にも子供のテンションがあがる公園が船橋市にはあるんですよ~。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

個性豊かな公園を紹介しているトコ。たまにはいつもと違う公園に行ってみるのも面白いトコよ。

「こそ・あど」ってどこでもらえるの?

船橋市内の幼稚園や保育園を中心に、その他児童館や図書館、取材協力店舗にも置いてあります。出かけた先に「こそ・あど」がないかぜひ探してみてくださいね!

ぜひこそ・あどの紙面でご確認くださいませ!

「こそ・あど」VOL.8の見どころについて

今回も代表の丸林さんに見どころを聞いちゃいました!
どんな見どころがあるのでしょうか?

見どころ1:船橋で初めて誕生!オルタナティブスクールの開校記事

丸林さん

丸林さん

なんらかの理由から、学校が合わない・学校に行けない子どもたちの数が、近年増加傾向にあるそうです。

さらに昨年の休校要請の影響が大きいとの話も耳にします。
そのような状況において、新たな学びの選択肢として注目されているのがオルタナティブスクールです。

大切な《教育》の情報のひとつとして、ぜひご覧ください。

見どころ2:身近な公園紹介

丸林さん

丸林さん

トコトコふなばし誌上コラボページのコーナー企画。
今回の紹介は公園です!

既にご覧いただいた読者の方からも『近所なのに知らなかった!』、『子どもを連れて遊びに行きたい!』など、とっても好評ですよ。

個性的で魅力ある公園を廻ってみるのも、色々な発見ができそうですよね。

とっても好評とは嬉しいトコね。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

見どころ3:パパファイル(船橋パパ会)

丸林さん

丸林さん

『船橋パパ会には、どんなパパが参加しているんだろう?』という疑問に応えようと、普段の仕事のことや育児の悩みなど、一問一答形式のパパファイルとして掲載しました。

今回はパパ会事務局から、代表の高橋利明さんが登場!実はこそあど編集長と同じ高校出身です。尊敬できる自慢の後輩です!

代表の高橋さんには過去に取材もしたトコよ~

とこっとちゃん

とこっとちゃん

見どころ4:【お金の知識】講座

丸林さん

丸林さん

このイベントは、ランチを楽しみながら真剣に、でも気軽にファイナンシャルプランナー資格を持つ、お金のプロフェッショナルに相談ができます。

私も取材で話を伺うたびに【お金の知識】について、もっと早くから学んでおくべきだったと痛感します。
子育て世代にとって、家計管理や教育資金など、人生設計を考えるうえで必要な知識なのに、何故か学ぶ機会は少ないですからね。

お子様連れでの参加もOKです。
お店の2階は畳のスペースがあるので、ちびっ子は寝転んだり、勝手に遊んでくれていますし(笑)。

誌面から雰囲気がうまく伝われば嬉しいです。

見どころ5:テニススクールの情報がふたつ

丸林さん

丸林さん

実はテニスって、世界レベルで競技人口が多いスポーツのひとつなんです。

その数、1億人以上とも!

『テニスができたら、使う言語が違っても世界中でコミュニケーションできるんだ』って、想像すると楽しくなりませんか?
そんな勝手な願望を誌面に込めています。

船橋はスポーツ健康都市宣言をしている街ですし、テニスは老若男女問わず、生涯楽しめて、親子で一緒にできるスポーツです。
家族で20年、30年後まで楽しく続けられたら、健康的で素敵ですよね。

公民館でも「こそ・あど」が入手可能になりました!

丸林さん

丸林さん

こそあどは、なるべく密度濃く、対象読者に届くように、発行の80%が流通協力先の幼稚園や保育園で配布されています。

街中で見かけるのは、かなりのレア物です。(中身は同じですけど)
前回より行政の協力のもと、図書館や児童ホーム、子育て支援センター、さらに公民館(併設の図書ルーム)でも入手できるようになりました。

そのおかげで小さなお子さん(未就園児)を持つ保護者の方から、早速反響の声が届いています。
子育て世代を応援しよう!という方々の多大なるご協力の賜物です。

緊急事態宣言が明けて、関連各施設も開館されました。
配布数に限りがありますが、本誌を見かけたら、ぜひお手にとってご覧くださいね!

10月から緊急事態宣言も解除され、これまでよりも出かけが増えるご家庭も多いのではないでしょうか。図書館や公民館などにいった際は「こそ・あどあるかな?」と探してみてくださいね。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

公園巡りとっても楽しかったトコ☆

まとめ

2021年秋号でも引き続き「こそ・あど」とコラボさせていただきました!
紙面ではとこっとちゃんの塗り絵を掲載しています。

とこっとちゃん

とこっとちゃん

きみだけのとこっと、みてみたいトコ!

見どころが盛りだくさんの「こそ・あど」、配布場所もさらに増えより手に取っていただきやすくなりました。
ぜひ見かけたらお手に取ってみてくださいね!

トコふな編集部

トコふな編集部

トコふな編集部は、船橋の魅力を日々発信しています。皆さんのタレコミも随時募集しているので、あなたの「キニナル」をぜひ教えてください!各SNSのフォローもお待ちしてます♪

FOLLOW